難病ボランティア講座

私のひとりごと

そりゃ思いますよ。

「ありがとう」の言葉が言えないんですもの

「ごめんなさい」も「どうぞ」の言葉も言えないもん

「言葉の力」ってすごいなぁ

こんな短い、素晴らしい言葉があるのに

この言えない辛さ、はがゆさのつぶやきを

分ろうとしてくれた人に出会えたとき

「生きている 生かされている 生きられる」

あぁ 生きてて良かったっと感じる。


あるALS患者の方の言葉です

今日は、難病ボランティア講座へ行ってきました。

内容は、ALS患者の方とのコミュニケーション方法と実際や島根大学教育学部学生による発表。

福祉というテーマに携わってきました。

深いです。やっぱりインドのマザーハウスで体験してきたことと通ずるものがありました。

突然、話せなくなったら。
突然、耳が聞こえなくなったら。

普段の「あたりまえ」が「恵まれてる」という意識になれば
もっと今をこれからを、そしてこういった患者さんを大事にできるんだろうな。

自分がこれから福祉というテーマに携わるかなんて分らないけど
ずっと心の中にとどめておきたい大事なことやなっと思います。

興味がある方、12月11日(土)14時~16時 浜田医療センター2階にて

ALS患者家族との交流体験というイベントがあります。

行きたいという方は、僕に連絡してください!


今日もまた恵まれた1日、がんばるぞ。
[PR]

by laughmonkey | 2010-11-20 13:07  

<< 幸せなひととき 1年前の夢 >>