Italy in Venezia,Ferenze,Rome and Status Civitatis Vatican


ここまで日記を読んでくださった方ありがとうございます。

今回は真面目に書こうと思います。

長いようで短かったヨーロッパの旅
ラストを飾るのはイタリアでした。

誰もが行ってみたいと憧れるイタリア

まさか自分がこんなにもはやく
足を運ぶとは思ってもいなかった。

イタリア人

彼らは、本当に陽気です。
やはり商人です。
お金にはめざといです。

イタリアでスリや騙しの被害に遭われた
旅人と何度もあってきました。

最後の国というのもあり
気をひきしめなおしました。

ドイツ人と比較するのもあれだけど
本当にいい加減なとこがあります。

そこは、中国人と通づるものがあるなと思いましたww

それでもルネッサンスの発祥地であるフィレンチェ
ローマなんて古代の遺跡がその辺に転がりおちてるくらい
なんでここを首都にしちゃったんだろうとツッコミいれたいくらいの街だし

なによりヴェネツィア!
ここは、ホント感動しました。
水没しそうでしたが…!


e0211869_2136088.jpg



ヴェネツィア

水の都
ゴンドラ
カモメ
ワンピース(ウォーターセブン)


アドリア海に面する小さな水の都
街全体が世界遺産
水位があがって将来は水没しそうで危険といわれている。

ヨーロッパの要素もはいっているが
ここだけは、別世界のように感じた。

市内は、迷路のように道がいりくんでいて
車は一台も走っていない、いや走れない。

移動手段は、徒歩or水上バスやゴンドラである。

周りに離島がたくさんあって
僕がとまったユースも離島にあった。

潮風にあたり
カモメの鳴き声をきき
ゴンドラ操縦者が観光客に楽しんでもらうため歌を歌う

地図なんてみても意味がない
小さな路地ばかりで
迷路なんだけど一番感動したのが
行き止まりがほとんどないんだよな。

歩くたびにワクワクする!

次曲がったら何があるんだろ?
また同じとこにでてきたよ!

それの繰り返し、、、

小さな幸せを感じながら
ついつい冒険してみたくなる
子供心もくすぶられるし、ロマンチックな街でもある。

そんな要素を含んでいるヴェネツィア

そりゃみんなも憧れるわ…


e0211869_21384939.jpg


フィレンチェ

ルネッサンスの発祥地

すぐれた文化、統一感のある風景が有名。
街並みを歩いててもきづかなかった。
必死で教会の屋上までのぼって広がる景色は今でも目にやきついてる。
これがフィレンツェかぁ…。

文化も貿易も昔はぶっちぎりだった。
どの芸術品をみても
「すごい」としか言えない。

逆手にとると

昔の余韻(文化や歴史)が残りすぎている。
現代では、おくれた文明ともとれる。

ネットがあって
情報があふれる社会
技術社会、IT社会

そういった要素でのTOPの国は
もちろんアメリカである。

そうやって世界は発展をとげてきているのに
目をつむり、過去のすばらしさに身をよせているとも感じれた。

インドとかと比べてもうんでんの差だと思う。

世界からも確実に遅れをとっている

でも、しょうがないよね!
ヨーロッパだもんな!
それが取り柄だもんな!

本当に良い街だったと思うよ。

e0211869_21415461.jpg



ローマ、ヴァチカン市国

古代ローマ

コロッセオ、フォロロマーノ
この2つが印象強かった。

後、ピザww
むっちゃうまかった!


普通のBigCityにいきなりドカン
って違和感なく遺跡があるから目がとびでそうになる!

ホンマにタイムスリップしたみたい!

フィレンツェ→中世
ローマ→古代

時代をへて都市をみてみると
すごいおもしろいと思う!

ヴァチカン市国は、本当に小さかった。
偶然にもカトリック教会の頂点、ローマ法王が演説してました。

サン・ピエトロ大聖堂は、最後の最後にNo.1でした。今までの大聖堂の中で・・・


イタリアをあなどっていました。
ここは、もう一度きて田舎地方も含めじっくりまわってみたいものです。

最後のフィナーレとして最高でした。
I LOVE Italy.
[PR]

by laughmonkey | 2011-03-24 20:54  

<< 東北にむけて Eastern Europea... >>