小学6年生の感性


今日のHappy。


毎度、子どもの話

今日は僕のダンスクラスの生徒でもあるライハンのお話。

彼の夢は、ダンサー!

マイケルジャクソンが大好きで、将来あんなに格好よく踊れるスーパースターになりたい!
っと出会った当初教えてくれました。

ダンスクラスが初めてスタートするときも「たかしバイ、まだダンスクラスやらないの?」
と、毎晩尋ねてきては待ちきれない様子でした。

目立ちたがり屋のお調子者の一面もありますが、実はすごく繊細でpureなハートをしています。
ダンス教室も難しくて、周りについてこれなかった時、何回も挫折して、「もうダンスはやらないよ」と向き合っては、今にいったています。笑

今は誰よりも楽しく踊っては、一生懸命練習に励んでいる、ライハン。



今日ふと仕事帰りに道端で路上販売しているDVDショップをのぞいてみると
マイケルジャクソンの「This is it」がおいてあり
これは、ダンスクラスの生徒にも良い刺激になるだろうし、何よりライハンが喜ぶだろうなと思い購入しました。

センターへ向かいすぐさまライハンに知らせました!

「ライハン!ジャジャーン!マイケルジャクソンのDVD!買ってきたで!!!」
「うわーーーお!!!ありがとう!!!!たかしバイ!!!!!さっそく、見ようよ!!!」
2人でワクワクしながら見ました。(僕もまだ見たことがなかったので)


お互い見たい曲目を選んでは、どっちが先に見るか半分喧嘩になりながら映像に喰らいつきました。

僕はきっとすごいダンスやステップが見たいんだろうなと思い、なるべくポピュラーなものをセレクトしてましたが、ライハンは全く違いました。





彼が優先して選んだ曲

GIVE THANKS TO ALLAH
HEAL THE WORLD
EARTH SONG
MAN IN THE MIRROR
MOONWALKER

どれも社会に訴えかけるような、平和構築のような、地球人として共同体であるような
そんな素敵な歌のみセレクトするんです。

「たかしバイ、ぼくこの曲好きなんだ!とてもよくない?」

GIVE THANKS TO ALLAHは、自分もムスリム人だからすごく大好きだと。
HEAL THE WORLDを一緒に聞いてる時は、なんだか涙がでてきそうでした。

貧困や飢餓、戦争や紛争はまだまだ絶えないけど。
一人一人が自分のために、相手のために生きていける世界があったらどんだけ素敵なんだろうと。

ライハンも元々ストリートの生活からエクマットラと出会って、今に至っている。
心のどこかで感じるんやろう、直観でもそんな感性が大好きです。

いつもお茶目さんで、なかなか言うことを聞かない時もあるけど

マイケルジャクソンをダンサーとしてだけでなく、人間性や訴えかけているものもしっかりキャッチしているんだな。その人の背景を知った上で憧れてるんだと知れて感動した。

今日でこんな一面を見れたのは、すごい幸せでした。
[PR]

by laughmonkey | 2013-01-23 04:23  

<< ただいま、バングラデシュ ”変わらないために、変わり続ける” >>