2011年 03月 09日 ( 1 )

 

Munich Rotembrug in Germany

e0211869_12211864.jpg

e0211869_1221819.jpg
e0211869_1224357.jpg







ドイツ

フランスからオーストリアにぬけるために
南ドイツで代表的な都市ミュンヘンと
小さなおもちゃの世界ローテンブルグに寄りました。

正直、最初ドイツは寄るか寄らないか迷ってましたが
せっかくなんでドイツビールとソーセージを食べにいこうと寄ってみました。

そんな軽いノリだったはずが
今回のヨーロッパの旅、国でくくると
僕の中で一番ドイツがフィーリングに合いました。

ドイツ人の国民性

日本とともに敗戦し
さらに冷静にまきこまれ
ベルリンの壁までたてられた
辛い過去があってからの
復興に成功し先進国にまで登りつめたドイツ

親日があるのかな?
すごいみんな親切だし、陽気なんです。

イタリア人の陽気さには劣りますが
その中にも律儀さやメリハリがきいているんです。

イタリア人のいい加減さとは大違い。

この律儀さが日本と通づる部分があると感じました。
すごく良心地よかった!

なにより、時間がゆったり流れてる。

昼間からテラスでビール乾杯して
仕事終わりもしっかりビアホールに集って
大乾杯して…

日本とは、毎日の楽しみの重点が全くちがいます。
おもしろかったなー。


ミュンヘン

初めは、ミュンヘンに到着!
偶然にも僕が到着した日にノイシュバンシュタイン城の前で
仮想カーニバルがやっていました!

みんな仮想してドンチャン騒ぎ
僕もパフォーマンスしようと思ってたんで
マリオの仮想グッツを一式バックパックにいれてました。

迷わずホテルに戻り変装し
ここでもダンスを踊りまくり市民と発狂しまくりました。
その晩世界でも有名なホルブロイハウス(巨大なビアホール)で一杯

あの夜もなかなか気持ちええ夜でした。

ヨーロッパらしいドイツらしいそんな一時



ミュンヘン

ロマンチック街道のルートにある一つの小さな城壁に囲まれた街。
ここは日本でも本当に人気のスポット。

それはそのはず…本当に綺麗でかわいくてオシャレで真逆の世界でした。

スモールライトで小さくなっておもちゃ箱にいれたれたような…
タイムマシーンにのって未来or過去にいった空想の世界のような…

そんな錯覚に陥ったといっても過言でないほどメルヘンチックで素敵な町でした。

観光地は特にありません。
町に浸るという感覚です。

インドでは経験できませんでした。
インドも観光するところあんまりないんで
どっちかというと人に浸るんです。

でもヨーロッパは、町やったり雰囲気やったり風景やったりに浸る瞬間が多かったな。

ローテンブルクはオススメです。
3時間あれば十分に回れますが、1泊する際Barもレスタランも21時ごろには閉まるので
きをつけてください(オフシーズンのとき)

あとは、日本人が本当に多いです。

これぐらいが欠点ですね。

ドイツ大好きです。
今度は、ドイツ単発で小さな田舎も北部もじっくり回ってみたいです。
[PR]

by laughmonkey | 2011-03-09 11:53