2011年 07月 02日 ( 1 )

 

親業コミュニケーション講座


学校の授業外で講座をうけています。

子供の自主性を考えたコミュニケーション方法

子供だけじゃなく、あまたの人とこれからコミュニケーションをとることを考えて
僕も受講を選択しました。

この講義を通して色々学んでいます。

感じたこと

相手と話する時にどんな人でも広く受け入れられるようになりました
なんかこの人自分には合わないな
うまくコミュニケーションとれないな

そんな時でも相手は、相手が育った環境があります。

まずは、そこを理解できるようになりました

そして、一旦受け入れられるようになりました。

すごい大事なことだなぁって思います。


そして、受けとめたときに
自分は、どう感じているのか自分自身に問いかけれるようになりました。

あらゆる場面で自分が何を感じているのか
そして、相手に自分の思いも伝えようとする自分がひょっこりでてきています。

これこそより良いコミュニケーションをとるひとつの方法だなと実感しています!


一番大きく感じたことは

この講義を受け始めてから
自分自身の分析をするようになりました

これがコミュニケーションする上での出発点じゃないのかなと最近思ってきてます。

本当奥深いです。



今日受けた講義の中で
辛い過去を思い出しました。

自分の子供のとき
自分の家庭環境を見直す時間がありました。

ペアを組んで話をしているときに
思わず涙が溢れてきて、言葉にするのが辛くなってきました。

周りを見渡せば
他の受講者も涙を流していました。

みんなそれぞれの家庭環境があって

そこは、自分自身の芯の部分なんだなぁ

っと改めて実感


この講座を受講しにきている
保護者の方々は、今までの辛い過去をどうにか転換して

今の子供に、よりよい家庭環境を創出するために集まった人たちだろうと思った。

子供が育つ環境が子供の未来をつくっていく

親の責任ってすごい重いと感じました。
[PR]

by laughmonkey | 2011-07-02 13:18