2012年 09月 15日 ( 1 )

 

言葉の壁


バングラにきて感じること
きっと、海外にいって誰もが感じること

言葉の壁

いままでの経験でここまで壁に感じたことはない

ちょっと1ヵ月や2ヵ月、旅をする分について
日常会話の英語だと

顔の表情とジェスチャーと簡単な名詞で事足りる。

その場をのりきることもできるし
ダンスを踊れば、コミュニケーションもとれて、話題も広がり好印象をもたれる

今までの強みだった


ただ、長期滞在になると通用しない。

本当に自分が伝えたいこと
相手の思想、信念、意思を聞きたいときに
何もできなくなる


バングラだと英語もほとんど通じず
ベンガル語が主流になってくるから、なおさら必要不可欠

このような状況に置かれた時に
英語さえもつたえられない、自分のボキャブラリーの少なさに

とてつもない無力感と自分の情けなさに、何度も泣きそうになる。


コミュニケーションは、たけてる方だと周りに評価されることが多いけど
その分、言葉でのコミュニケーションを避けてきた自分にとって
こっちにきて、色んな人に指摘されて気づく。

一皮も二皮も剥けて、成長せなあかんときがきています!

こういときの、自分自身のモチベートってすごく難しいんですね、ホントに。

正直、自分との戦い。どこにいたって、自分との戦い。
[PR]

by laughmonkey | 2012-09-15 03:36