<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ありがたい話

こんばんは!

ぽっかり穴があいて
ぷしゅーって抜けた1日。

色々やりとげて燃えきった後は、ホントに気持ちがええです!

先週と今週をぷりっと振り返りたいと思います^^*

7月の集大成…ちょっこと長くなっちゃいます


☆世界の写真展

先週の金曜日!
やっと完成しました!

たくさんの人が色んな気持ちで動いて見た1枚

そんな素敵な写真達が集まりました!

「行ってみたい!」「綺麗やなぁ!」「感動した!」

色んな人のワクワク声を聞いて
こっちまで元気をいただきました!

写真部をはじめ協力してくださったみなさん
本当にありがとうございました!!!

ホンマにやってよかった思います

ありがたいなぁ


☆チャレンジ・ザ・サマー

先週の土、日

江津にて親子で参加するキャンプの
ボランティアスタッフをしてきました!

真夏の空!海!山!

莫大な自然に身を寄せて
親子さん、こどもたちと汗を猛烈にかいてきました!

それぞれの親子のありかた
自然にダイブすることで見えてくるありがたさ

ここに集まった人たちは、苦労や辛さをお金で買ってまで
体験して帰ってるんやと思いました。

ありがたいなぁ

やっぱり夏は、カレーだわ!!!!


☆ゼミBBQ

今週の月曜

ゼミで先生も交えて海でBBQ!

先生との信頼もメンバー同士の仲の良さも
一気に近づいた気がした!

遊びでもなんでもいいから
1つ企画してみんなで向かっていくとまとまるんだな。

改めてゼミメンバー個々の独自性が強く
すごくバランスがとれてると思う。

なによりこのメンバーでこれからがんばっていこう
って思えることがホンマに幸せです!

いや、ゼミもこれからが楽しみでしゃーない><

ありがたいなぁ


☆幼稚園で紙芝居

今週の火曜

石見幼稚園にて被災地ボランティアの体験談を
紙芝居と演劇で伝えにいきました!

今回は、市民の方の繋がりで
元から小学校などに読み聞かせにいってたんだけど
幼稚園でも是非やってほしいとの声で機会をいただきました!

被災地で感じた思いを
啓発する機会を浜田でもたくさんもらえて

ホントにありがたいです。

子供たちの笑顔は、たまらんくらい元気もらえました!


☆軽音部×ダンス部コラボイベント

昨日の水曜

ずっっっっとやりたかったコラボ企画が
やっっっっと実現しました!

ホント入学してから学内で踊ることは、小さな夢でした!

結局、100人近く会場にいたと思います!

もう、気持ちがええの一言につきます。

踊ってる時も軽音のライブ見てる時も

個々がそれぞれ輝いてて
会場に来てくれた人達も何かを共有してひとつになってて

心地いい空間が生まれて
生きてるって感じがしました。


そのあとも飲み会50人きて

50人で飲むビールは、マジで意味わからんくらいうまかった!

あぁ…なんかこんだけ一緒にがんばれる仲間がいることに

ありがたい。


そして、すべてを終え今日を迎えました。

激しく残る体の痛みと寝不足のダルさ
そんな喪失感もええもんやと思いました。

また新しい何かを見つけて
つきすすんでいく!

だから色々がんばれるんだろうな!


うん!本当ありがとうでいっぱいの7月だった!
準備や計画やらでお疲れさんの6月だった!

夏休みの色んな人との再会も楽しみだ!!!!!
[PR]

by laughmonkey | 2011-07-15 16:09  

プロセスの話

プロセスの話

今自分は、色んなことしてます
ダンスに写真、地域ボランティア、子供関係、被災地支援、カフェ調査、旅…etc
なんか色んなことしてて、色んなこと感じて気づいてしてるけど
いっつも気づく時、感じる時て…物事を取り組む過程のときだなって思うんです。

Ex.ダンスだとしたら
本番も最高に楽しいけど、それまでに練習してなかなか踊れないでしょ
その時は、しんどいし、辛いし、難しいし、仲間ともめるし…。その過程に色々感じるんです

色んなことしてるとき、色んな過程で気づいたことを吸収してるけど
例えば、ダンスで気づいたことと、カフェ調査で気づいたことって
全く関係性なさそうだけど、どこが繋がってる部分があると思うんです。
うまく言葉にできないけど!全く違うことでも、どこか繋がってておもしろく感じる時があるんや。

うーん。うまく伝えられないけど、まぁいいや!

結論
だからこそ、今色々やってて気づいたことって
将来自分がやりたいことに、どっかしら繋がってくると思いました。
だから、これからも過程を大事にしたい!結果じゃなくて!学生だから

そろっそろ、何か1つにダイブしたい時期だなぁ
[PR]

by laughmonkey | 2011-07-04 12:56  

親業コミュニケーション講座


学校の授業外で講座をうけています。

子供の自主性を考えたコミュニケーション方法

子供だけじゃなく、あまたの人とこれからコミュニケーションをとることを考えて
僕も受講を選択しました。

この講義を通して色々学んでいます。

感じたこと

相手と話する時にどんな人でも広く受け入れられるようになりました
なんかこの人自分には合わないな
うまくコミュニケーションとれないな

そんな時でも相手は、相手が育った環境があります。

まずは、そこを理解できるようになりました

そして、一旦受け入れられるようになりました。

すごい大事なことだなぁって思います。


そして、受けとめたときに
自分は、どう感じているのか自分自身に問いかけれるようになりました。

あらゆる場面で自分が何を感じているのか
そして、相手に自分の思いも伝えようとする自分がひょっこりでてきています。

これこそより良いコミュニケーションをとるひとつの方法だなと実感しています!


一番大きく感じたことは

この講義を受け始めてから
自分自身の分析をするようになりました

これがコミュニケーションする上での出発点じゃないのかなと最近思ってきてます。

本当奥深いです。



今日受けた講義の中で
辛い過去を思い出しました。

自分の子供のとき
自分の家庭環境を見直す時間がありました。

ペアを組んで話をしているときに
思わず涙が溢れてきて、言葉にするのが辛くなってきました。

周りを見渡せば
他の受講者も涙を流していました。

みんなそれぞれの家庭環境があって

そこは、自分自身の芯の部分なんだなぁ

っと改めて実感


この講座を受講しにきている
保護者の方々は、今までの辛い過去をどうにか転換して

今の子供に、よりよい家庭環境を創出するために集まった人たちだろうと思った。

子供が育つ環境が子供の未来をつくっていく

親の責任ってすごい重いと感じました。
[PR]

by laughmonkey | 2011-07-02 13:18