子犬


e0211869_421640.jpg


EKMATTRAのシェルターホームに可愛い子犬がやってきました。
野犬で親とはぐれてしまった様子。

名前は「リリィ」
僕のビジネスパートナーであるフォトグラファーのマハブさんの愛犬になりました。

子ども達もみんな夢中に可愛がり
毎日、すくすく育つリリィを見ていたらホント心が温かくなります。


バングラデシュって犬に対してすごく扱いがひどい状況にあります。
街中に野犬がウロウロしているのですが
どの犬も人間には逆らわず、ビクビクしながら生きています。

ペット社会でもないし
バングラ人に聞くと犬は汚い動物だ!近寄らないほうが良いと一言。
子どもまで、野犬の犬を蹴っ飛ばしている始末。

欧米諸国の動物愛護団体とかがバングラに視察にきたら
大変なことになるだろなと驚いています。

夜中になると、外からなんとも寂しいうなり声が聞こえてきます。
とても、愛に飢えているのではないかと思ってしまいます。


そんな中、愛犬としてみんなに可愛がられている「リリィ」
今日、シェルターホームに訪れると姿がなくなっていました。

マンションの大屋さんが、おいだしてしまったみたいです。
それも、10tk(10円)を子どもに渡して、遠い場所に捨ててくれとお願いしたらしい。





なんか、色々書きたいことあるけど
うまく言葉にできないのが、ホンマに悔しいな
[PR]

# by laughmonkey | 2012-10-06 03:46  

日本からインドから便り


e0211869_301952.jpg


今日は、日本から素敵な便りと
インドからも届きました。


大学でいつもお世話になってる
事務局の方々。

変わらず温かくて、心に癒しと勇気を届けてくれました。









e0211869_37124.jpg




インドからは、同時期に、似た地域へ日本を飛び出した仲間、たまちゃん。

彼女も食いしばって、今を生きてたなぁ
電話ごしの元気な声の奥底に、不安や寂しさ、葛藤、色んな感情が伝わってきて、震えた。

うをぉぉぉぉおお!再会が楽しみやな。

再会したい人がいる
応援してくれる人がいる
Homeがあるってこと。

本当にありがたい。大切な存在で、毎日の自分に栄養分を与えてくれる。

きっと、再会する時はなんだか照れ臭いんだろうけど
感謝しながら歩み続けていきたいなぁ
[PR]

# by laughmonkey | 2012-10-05 02:43  

社会貢献とビジネス


NGOでインターンしているからなのか

バングラにくるまでに、自分自身が憧れを抱いていた
「ソーシャル・ビジネス」や「BOPビジネス」といったワードに憧れをいだいていたけど

最近、疑問を感じてきている。

社会貢献をビジネスで解決する。

企業は、利益をうむし
顧客は、社会問題解決に結びつく価値あるサービスを得る

確かに、素敵なモデルだし
貧困脱却には、雇用をうみ、社会問題解決にも直結することだから
注目も浴びやすく、理想のスタイルでもある。

しかし、最近ソーシャル・ビジネスも定義付けが曖昧なまま
先行してしまってて、なんでもかんでもソーシャル・ビジネスといったら聞こえがいいものになっていると感じる。

グラミン銀行がマイクロファイナンスという仕組みを作り
世界中に広がり、多大なる価値を生みノーベル平和賞を受賞した。

しかし、マイクロファイナンスもビジネスには代わりはなく
いくら無担保で貸し借りが可能だとしても、本当に貧しい底辺の人たちにお金を貸すことは不可能。

マイクロファイナンスもその土地によって、やり方があるはずで、いくら無担保でも世界各地で金利に差がですぎている。インドでも負債者が返しきれず、自殺者がでているというニュースも聞いたことがある。

もちろん、このシステムを否定しているわけではない。
マイクロファイナンスによって救われた人もたくさんいることは事実であるが、ターゲット層も微妙な貧困層でビジネスにするには、あまりにも範囲が狭く、厳しいのが現状だと感じる。

結局、採算がとれずにいきづまり、多重債務者がふえるのであるならば、別にソーシャル・ビジネスなんて提唱せずに普通に支援もしくは、ビジネスすべきだと思うようになった。

バングラには他にも事例がたくさんある。

日本の某企業は、中国に農業生産工場をもっており生産を続けていたが、価格高騰がよめたので
リスク拡散のためバングラに工場をつくる。

バングラで工場ができれば雇用もうまれ、後にソーシャルビジネスと提唱される。

これも完全なる自己都合のためなのに、ここまで株があがるものなのかな。
確かに、生産過程に至る人材育成や技術の提供は、価値を生んでいるものだけど
それ以上は、ないと思う。


日本の某アパレル企業もCSR3.0のため、バングラの某企業と提携を結び
農村地域に低価格・高品質の衣類を提供するとビジネスをはじめた。

企業イメージは確かに上がったが、実際のところ採算はとれておらず、ビジネスとしてはうまくいっていない。
そっちのけで、メインビジネスの工場をたてまくり、低賃金労働を展開している。

こんな表面的な部分でソーシャル・ビジネスって提唱していいのかな?
最近、すごく疑問に感じるんです。

BOPビジネスもこれからの時代、未開拓だし市場も広くて新たな考え方だけど
資本主義の押し付けであって、今私がみているバングラの風景がかわると思うとすごく怖いです。

きっと、バングラって昔の日本みたいな感じで
街を歩いてて、布団屋さん、電気屋さん、肉屋、八百屋、カーテン屋、机屋、ベット屋があって
みんなが小さなビジネスで、少額ながらも経済を回してて、すごく活気にあふれてる。

マクロ的にみた経済開発も必要だけど、そこで置いていかれてしまう
社会の波にのっていけない人々が、どうすれば社会から人材として認められるようになるのか。


やっぱり、そこにアプローチするには草の根で活動しているNGOが一番だと
今、自分は認識している。

NGOという形態をとって支援する行動とその支援行動を賄える規模のビジネスを
同時に進行できる経済力をもてれば、持続可能かつ無理なく資金調達でき、世の中に価値を提供できるのではないかと思う。

資本主義社会で回っているこの世界で、何を重視するかは難しいが、その中にもまれながらも自分にとって大事にしていきたいことをこれからも深くとぎすましていきたいと思う。

特に、最近大事にしていきたいと思うのが「教育」と「政治」。
国づくり、人づくりの根本。
[PR]

# by laughmonkey | 2012-09-18 03:58  

言葉の壁


バングラにきて感じること
きっと、海外にいって誰もが感じること

言葉の壁

いままでの経験でここまで壁に感じたことはない

ちょっと1ヵ月や2ヵ月、旅をする分について
日常会話の英語だと

顔の表情とジェスチャーと簡単な名詞で事足りる。

その場をのりきることもできるし
ダンスを踊れば、コミュニケーションもとれて、話題も広がり好印象をもたれる

今までの強みだった


ただ、長期滞在になると通用しない。

本当に自分が伝えたいこと
相手の思想、信念、意思を聞きたいときに
何もできなくなる


バングラだと英語もほとんど通じず
ベンガル語が主流になってくるから、なおさら必要不可欠

このような状況に置かれた時に
英語さえもつたえられない、自分のボキャブラリーの少なさに

とてつもない無力感と自分の情けなさに、何度も泣きそうになる。


コミュニケーションは、たけてる方だと周りに評価されることが多いけど
その分、言葉でのコミュニケーションを避けてきた自分にとって
こっちにきて、色んな人に指摘されて気づく。

一皮も二皮も剥けて、成長せなあかんときがきています!

こういときの、自分自身のモチベートってすごく難しいんですね、ホントに。

正直、自分との戦い。どこにいたって、自分との戦い。
[PR]

# by laughmonkey | 2012-09-15 03:36  

My birthday



e0211869_3311839.jpg




海外で2回目の誕生日を迎えました。

2年前は、インドで今年は、バングラデシュにて。

変わらぬこと
どこにいてもその土地で出会った人に祝ってもらえること。

本当にありがたいな

日々、みなさんに支えられてます。

お母さん、生んでくれてありがとう!

親父、お誕生日おめでとう。
いつも思うけど、同じ誕生日ってホントに奇跡やな。

21歳は、日本ではなくバングラで過ごします。
ホントにこれからどんな出会いがあるのだろう。

人、景色、感情、新らしい自分、、、色んな出会いに期待して

歩んでいこうと思います!

e0211869_333258.jpg

[PR]

# by laughmonkey | 2012-09-12 03:22